キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 姉とアクセサリー : 金買取のおもしろ話

姉とアクセサリー

自分のために購入した貴金属や金を買取してもらい、それを娘のために使うということに喜びを感じているようです。

姉とアクセサリー

私には母の違う10歳年上の姉がいます。

私が育った家庭は複雑で、決して円満とは言えませんでしたが、親は違っても姉妹はとても仲良く、年が上だった姉はとても私によくしてくれました。

自分が守ってあげなければ、という思いが強かったのかもしれません。

姉は、勉強もスポーツもよくでき、社交的で学校でも人気ものでした。

私はとても大人しい性格だったので、姉はあこがれの存在でもあったし、目標とする人でもありました。

姉は短大を卒業して外資系の企業に就職しました。

バブル最盛期の時期で、姉はブランド品の洋服やバッグを身につけたり、アクセサリーもよく買ってつけていましたね。

当時は金のアクセサリーが主流でイヤリングもネックレスも指輪も金でした。

今はプラチナが主流なので、金のアクセサリーをしている人はあまりみかけなくなりました。

流行に敏感な姉もいまはすっかりプラチナのアクセサリーが多くなりました。

姉は実業家と結婚したのですが、5年で離婚しました。

娘が1人いて、いまはシングルマザーとして働いています。

バブルの時期に購入したアクセサリーやブランド品の洋服やバッグなど、ほとんど買取してもらって生活費の足しにしているようです。

かなり前のブランド品のバッグや洋服は、ほとんど買取価格はないようなものですが、金の買取価格だけは、かなりいいらしいのです。

自分のために購入した貴金属や金を買取してもらい、それを娘のために使うということに喜びを感じているようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
金買取のおもしろ話 Copyright (C) www.speak4use.com. All Rights Reserved.